テーマ:漫画

実物大ガンダム、台場に立つ

<機動戦士ガンダム>「台場に立つ」18メートルの雄姿現す  アニメ「機動戦士ガンダム」の放送30周年を記念して企画された、高さ18メートルの“原寸大”ガンダム像建設が大詰めを迎えている。東京・お台場「潮風公園」の現場では、完成に向け細かい作業が進んでおり、公園の林の中に立つ雄姿が目を引いている。   ガンダム像は、重さ約35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700人のアニメーターを調査

700人のアニメーターを調査 平均年収は20代で110万円、30代で214万円 アニメの若手 年収100万円 海外でも高い人気がある日本のアニメ産業の労働環境をめぐるシンポジウムが東京で開かれ、20代の若手スタッフの平均年収が100万円余りで、優秀な人材が育たないなど、問題を訴える意見が相次ぎました。 シンポジウムは、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅すぎる対応だが、日本国内で職業としてなりたつようにお願いします。

アニメ産業を保護・育成 下請けで経産省がガイドライン策定へ  宮崎駿監督の作品がアカデミー賞を受賞するなど日本発アニメに対する国際的な評価が高いことから、経済産業省は業界の健全な育成を目的としたガイドラインの策定に乗り出すことが21日分かった。アニメ制作業界の下請けをめぐる不透明な取引慣行を是正し、国際競争力の強化を図ることが狙い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物つくりの最前線までお金が行かない。

【知はうごく】アニメブーム、次探る官民  世界に広がった日本の漫画という土壌から、「ジャパニメーション」という樹木が生まれた。国内外の興行収入が190億円に達した「ポケモン ミュウツーの逆襲」(1999年)、275億円の「ハウルの動く城」(2005年)などの世界的ヒットが登場。国際映画祭でも取り上げられ、政府は有力な輸出産業になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘタレ 「ヘタリア」

■「極右・嫌韓アニメ『ヘタリア』放映反対」 インターネット賑やか 日本で放映される新作アニメ『ヘタリア Axis Powers』をめぐって、(韓国)国内ネチズンたちの反感が沸騰している。 「ヘタリア」は、第二次世界大戦を背景とした同名の4コママンガを原作にするアニメで、男性同性愛を扱った所謂「BL」ものだ。米ニューヨークで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

聖地巡礼すげーwww

らき☆すたで12万人増 鷲宮神社の初詣で  テレビアニメ「らき☆すた」の美少女キャラが住む家に設定された関東最古の大社「鷲宮神社」(埼玉県鷲宮町)の正月三が日の初詣での参拝客が、昨年に比べ12万人増の42万人となり、大宮氷川神社の205万人に続き県内で2番目の人出だったことが7日、県警地域課のまとめで分かった。  また、県内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やりかた間違っていますよ!

中国の動画サイト土豆とYouku、著作権対策で日本からのアクセスを遮断  中国の動画投稿サイト「土豆(Tudou)」は5日、著作権侵害のリスクを回避するために、日本と韓国からのアクセスを遮断することを明らかにした。別の動画投稿サイト「優酷(Youku)」も数カ月前からすでに日本と韓国からのアクセスを遮断いる。騰訊網が伝えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画のアニメ・実写・舞台化が嫌いな人もいます。

ラサール石井、ブログで「麻生批判」 バッシング受けてすぐに削除 マンガ「こち亀」の両さんの銅像が東京・亀有に設立され、その除幕式でお笑いタレントのラサール石井さんは麻生太郎首相に「ガン無視」されたと、2008年11月12日の自身のブログで明かした。よほどプライドを傷つけられたのか、延々と「麻生批判」を展開した。その後、2ちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版『ドラゴンボール』“エロくない亀仙人”で不評

実写版『ドラゴンボール』“エロくない亀仙人”で不評  香港の大物俳優、周潤発(チョウ・ユンファ)などが出演する実写版の映画『ドラゴンボール』は、製作会社がその出来栄えに不満を持ち、お蔵入りするのではないか?という噂が流れているが、このほど外部の人を対象に試写を行った。結果、失望の声が上がり、公開までこぎつけることができるのか、わか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美少女フィギュア ボーメさん個展

美少女フィギュアを日本文化に ボーメさん個展  ■「美少女フィギュアを日本文化に」  美少女フィギュアは、いかにして現代美術になり得るのか-。海外で「キング・オブ・フィギュア」と呼ばれる造形作家、ボーメさん(47)の個展が東京・渋谷のパルコファクトリーで開かれている。2次元キャラクターを立体化した作品には不思議な存在感が漂う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメの舞台をファン向け駅入場券に 長野のJR大糸線

アニメの舞台をファン向け駅入場券に 長野のJR大糸線 テレビアニメに登場した長野県大町市・木崎湖周辺を走るJR大糸線の駅や沿線風景のイラストをあしらった「アニメのなかの大糸線入場券」が、9月1日から信濃大町駅で発売される。  02年初めからWOWOWで放映された「おねがい☆ティーチャー」と続編の「おねがい☆ツインズ」の舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤塚不二夫さんの冥福祈る記帳に800人

赤塚不二夫さんの冥福祈る記帳に800人…青梅駅や記念館前  漫画家の赤塚不二夫さんが2日に72歳で亡くなったことを受け、東京・青梅市の青梅赤塚不二夫会館では3日、バカボン一家を描いた会館の看板を、遺影のように黒いリボンで飾った。  また、同館前とJR青梅駅前に記帳台を設け、ファンら計約800人が記帳。赤塚さんを惜しむ声が各界…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まんがの達人

まんがの達人 売れているのかな? こんなので上手くなる人はごく一部のような気がする・・・ PCで書く事を考えろ! とか考えていたら、30号からだそうで・・・ 漫画の達人―マンガと同人誌のすべてがわかる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガジンとサンデーが大同団結

マガジンとサンデーが大同団結、創刊50年で記念企画  講談社の「週刊少年マガジン」と小学館の「週刊少年サンデー」が、協力して新雑誌を発行することが27日分かった。  両誌とも来年、創刊50周年を迎えるのを記念した企画。新雑誌のタイトルは「名探偵コナン&金田一少年の事件簿」で、マガジンの人気作「金田一少年の事件簿」と、サンデー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ洗脳

30歳過ぎて「アニメ、アニメ」ってどうよ?  傑作アニメ「ヤッターマン」(日本テレビ、読売テレビ系)が30年ぶりにテレビに帰ってきたかと思えば、今春には誕生40周年を記念した「ルパン三世」のOVAがリリースされる。中年向けの「アニメ商売」が盛んだ。  コンビニエンスストアの店頭では「機動戦士ガンダム」や「キン肉マン」などのア…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「アオイホノオ」1巻発売

「アオイホノオ」1巻が発売されました。 異例なほど大きな帯が目立ちますが、 その文もすごいw あだち充・高橋留美子 激怒!? カバーを外すともっと”ありがたいお言葉”が! 本の一番初めに 『この物語はフィクションである。』 とデカデカと書かれていますがw 映画好きなので、私もオールナイトで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスラー総統のワインセット

デスラー総統のワインセット  バンダイネットワークス(東京都港区)は、根強い人気があるSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の劇場公開30周年を記念して、作品の登場人物「デスラー総統」をモチーフにしたワインセットを発売、注文を受け付けている。デスラー総統は世界征服を企むガミラス帝国のトップで、地球を守るために発進した宇宙戦艦ヤマトと、激しい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

滅びの美学

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画 ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。  物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全コマトレース?マガジンのメガバカで編集部謝罪

編集部からのお詫びとお知らせ  本誌週刊少年マガジン増刊「マガジンドラゴン」(1月11日増刊号)において豪村中氏の雑誌デビュー作品「メガバカ」が複数の漫画作品から盗用をしていると読者の方からご指摘を受けました。現在調査を進めておりますが、多くについては事実関係が確認され、豪村中氏もこれを認めております。  編集部は今回の事態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「特命係長」映画化

「特命係長」来年12月映画化!克典もお色気もパワーアップ  俳優、高橋克典(43)が主演するテレビ朝日系人気ドラマ「特命係長 只野仁」が来年12月公開で映画化されることが16日、分かった。それに先駆け、年明けにはスペシャルドラマの放送も決定。同作の見どころである派手なアクションや女優陣のお色気シーンは、どちらも健在だ。克典は「映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コミック・ガンボ」休刊

無料マンガ誌「コミック・ガンボ」1年足らずで休刊 国内初の無料週刊マンガ誌として話題を呼んだ「コミック・ガンボ」が、創刊からわずか1年足らずで休刊することが11日、わかった。発行元のデジマが同日発表した。最終号は第48号(12月11日号)。休刊の理由については「諸般の事情」としている。  「コミック・ガンボ」はことし1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハンター×ハンター」また休載 集英社「再開未定」

「ハンター×ハンター」また休載 集英社「再開未定」  「週刊少年ジャンプ(ジャンプ)」(集英社)に連載中の人気マンガ「ハンター×ハンター」(原作・冨樫義博)が新年3号から休載することが10日までに分かった。捕食した生物の能力やエネルギーを奪って進化を遂げる特殊なアリとの戦いを描いた「キメラアント編」の途中で連載が終了したが、冨樫さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

実写化の配役は難しい

ドロンジョ役に深田恭子を起用?で騒然  09年春公開の映画「実写版 ヤッターマン」(三池崇史監督)のキャスティングが、関係者の間に波紋を広げている。「ヤッターマン」といえば、1977年から2年間にわたり放送されたタツノコプロの伝説的人気アニメ。11月26日には嵐の櫻井翔(25)が主演を務めることが発表されて話題になった。  そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぶさん90巻

いつの間にかコミック90巻まで出てましたか。 はたして何歳まで続けられるのだろうか? 水島新司先生 漫画家生活五十周年おめでとうございます。 あぶさん 90 (90) (ビッグコミックス)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガネでオシャレだべ~!「ヤッターマン」限定モデル

メガネでオシャレだべ~!「ヤッターマン」限定モデル  メガネ販売大手のメガネトップ(静岡市葵区)が展開する低価格メガネ店「alook(アルク)」は、1970年代の人気アニメ「ヤッターマン」とタイアップしたメガネや特製ケースなどの限定セットを、12月1日から全国のアルク店舗で販売する。  ヤッターマンは、77年から放映されたタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

実写ドラゴンボール来年8月公開

「ドラゴンボール」を実写映画化=来年8月に世界同時公開-米  【ロサンゼルス14日時事】米芸能各紙によると、日本の人気漫画・アニメ「ドラゴンボール」シリーズの実写版映画が米映画大手20世紀フォックスにより制作されることがこのほど決まった。メキシコなどで今月中に撮影が始まり、来年8月15日の世界同時公開を目指す。  ジェームズ・…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

日和見過ぎだろ

アニメ絵馬で街おこし祈願  鷲 宮 埼玉舞台「らき☆すた」携帯ストラップに  埼玉を舞台にしたアニメ「らき☆すた」で街おこし――。鷲宮町商工会はアニメファンの参拝客も訪れる町内の鷲宮神社などで、ミニ絵馬にアニメキャラクターを描いた携帯電話用ストラップ=写真、試作品=を12月から販売する。  「らき☆すた」は、県内出身の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今度は中日新聞がアサヒる

流行語大賞に「アベする」を推薦する。ネット上での“流行語捏造疑惑”の方こそ捏造だ…中日新聞 「流行語大賞」はこれだ 川北 隆雄 (編集委員) 最近、人名の後に「する」とか「る」を付けて動詞化することが、 はやっている。 その中で最も流行したのは、やはり「アベする」ではないだろうか。 これは今さら説明するまでもないだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウンドロップ改造

ガンダムもエヴァも大改造!1粒で3度おいしい「サウンドロップ」 ティアドロップ型のガシャポングッズ「サウンドロップ」は、中央のボタンを押すと、アニメーションのキャラクターの名セリフや、ゲーム・電車の効果音などが鳴るサウンドToyだ。子供のころにテレビ番組で放映されたアニメシのリーズもあり、子どもだけに限らず、大人にも人気の高い。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまり規制すると力が落ちます。

“コミケの力”をアニメにも――“権利者公認”2次創作の祭典 「アニメの2次創作、権利者と一緒にビジネス化しませんか」――アニメ製作会社の団体・日本動画協会は今秋、こんな趣旨の企画「アニメ・チャレンジオーディション」を行う。 著作権をがっちり守りながらビジネス展開してきたアニメ業界にとって、2次創作を広く許諾するという試みは異例…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more