ご都合主義だな

仙谷長官:「不信任と同等」主張撤回

 仙谷由人官房長官は7日の記者会見で、野党時代の民主党参院の問責決議と衆院の内閣不信任案可決を「同等だ」と主張していたことについて「ちょっと過剰な政治論と思う。修正、訂正すべきだろう」と述べ、当時の主張を撤回した。
 西岡武夫参院議長が月刊誌の手記で菅直人首相と仙谷氏を「国を担う資格なし」と酷評したことに関しては、「自分自身が西岡先生のように成熟度の高い政治家だと自負しているわけではない。未熟な所が多々あると謙虚に認めねばならない」と述べた。


そんな事で許されるのか?

もういいから解散してくれ




この記事へのコメント

貧民の一徹
2011年01月08日 19:45
参院議長が指摘するまでもなくこの間の民主無能政権が国を担うなんらの軸すら持っていないこととは素人にも危機として寒い思いをしている。空き缶の報道ステーション生出演の視聴率6.9%に衝撃が走ってるらしいが空気も読めず”石にかじりついて....”辞めないとバカの鼻息を吐き散らし小沢切りに情熱を燃やすこの無能男のバカの一念とも言える厚かましさに唖然。この男が国家戦略局を立ち上げられなかった時からこいつ実は能なしではと不安が走ったが案の定でした、ともかく”しのもの”言ってるレベルではない、早よ辞めて....いや居んでくれ!寒気がまた身に凍みる。

この記事へのトラックバック