言い訳が苦しくなってきたな、次はなに?

4億円「知人から預かった」=土地購入翌年の入金-再聴取に小沢氏供述

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、購入翌年の2005年に陸山会へ入金された4億円の原資について、小沢氏が東京地検特捜部の2度目の聴取に対し、「知人から預かった現金だった」と説明したことが1日、同氏側の弁護士の話で分かった。
 この4億円は、陸山会が土地を購入した翌年の05年3月に同会の口座に入金され、5月に全額が引き出されていたことが判明している。
 小沢氏側の弁護士によると、同氏は2度目の聴取に対し、この4億円の原資について、「既に死亡している知人から預かった現金だった。引き出してすぐに返した」と説明したという。
 弁護士によると、この知人はかつて小沢氏の側近とされ、関連政治団体の代表者や会計責任者も務めていた人物。知人から預かったのは入金の直前で、入金するまでの間は事務所で保管していた。


言い訳がドンドン苦しくなってきたな
次はなにがくる?

「知らない人にもらった」
「いつの間にか金庫に入っていた」
「大勢の支援者からお金を預かっていた、直に返した」


小沢氏本人の立件の可否を近く判断へ 再聴取受け東京地検

 民主党小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏から2度目の事情聴取をしていたことが1日、分かった。再聴取は1月31日に行われ、同月23日に行われた1回目の聴取内容の詳細や疑問点などについて、改めて説明を求めたとみられる。

 特捜部は再聴取の内容を踏まえ、勾留期限を4日に迎える陸山会元会計事務担当の衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人について刑事処分を下す方針。特捜部は告発を受けている小沢氏本人についても、立件を視野に捜査を進めており、近く最高検など上級庁と協議して立件の可否を判断するとみられる。

 関係者によると、再聴取は31日午後、東京都内のホテルで約3時間にわたり行われた。前回同様、事前に黙秘権を告知した上での被疑者(容疑者)聴取で、供述調書も作成された。

 小沢氏の弁護人によると、小沢氏は再聴取で、土地購入の翌年の平成17年3~5月に陸山会に入出金された4億円の原資について「すでに死亡している知人から預かった現金だった。引き出してすぐに返した」と説明したという。

 石川容疑者はこの4億円について「小沢先生から預かった」としていたが、小沢氏は1回目の聴取で「知らない」と話していた。


東京地検特捜部の皆様ご苦労様です。

きっちりと立件してやってください。

もう時間が少ないでしょうが、頑張ってください。


小沢一郎 虚飾の支配者
講談社
松田 賢弥

ユーザレビュー:
今、報道されている疑 ...
小沢一郎の力の源泉は ...
本当の「代表」鳩山代 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック