月額4千円は高すぎでしょw

日経ニュースサイト有料化 月額4,000円 「良質な情報はタダではない」

 日本経済新聞社は24日、ニュースサイト「NIKKEI NET」を3月23日に有料化し、サイト名を「日本経済新聞 電子版」と変更することを発表した。
1日から登録を受付ける。利用料は月額4,000円。日経新聞を購読している場合には、プラス1,000円(月額5,383円、夕刊非配達地域は4,568円)で電子版と併用できる。

 BusinessMedia誠によると、喜多恒雄社長は有料化に踏み切った理由について、インターネットユーザーにも「正しい報道、価値のある言論を伝えることが報道機関の使命」であると述べた。新聞ビジネスの成長が見込めないなかで、有料ニュースサイトを「デジタル分野」の成長の中核にしたい考えもあるという。また、(インターネットユーザーには)「ネット上の情報は無料であるというこれまでの観念がある」が、日経新聞には「価値があると私たちが判断した情報や機能にはふさわしい対価をいただきたい。良質なコンテンツはタダではない」という感覚があるという。

 月額4,000円の利用料は、先行する経済ニュースサイト「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」(1年購読16,560円、月当たり1,380円)の約3倍の価格設定。国内に強いブランド力を持つ日経新聞の自信が感じられる。

 有料化後も記事の一部は引き続き無料で利用できる。また、無料会員として登録すると有料記事を月20本まで試読することが可能になる。




普通に購読している料金とほとんど変わらないとは
ハッキリ言って高すぎるのでは?


必要な人は既に新聞を取っているだろう
何かネット独自の情報・機能があるのだろうか?
いったいどれほどの人が申し込むのだろう





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック