色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 米高官「オバマ大統領は怒り狂っている」 鳩山首相の発言捏造に不快感、不信決定的に

<<   作成日時 : 2009/12/29 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首相への不信決定的に=普天間移設、発言捏造に不快感−米政権

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相に対するオバマ米政権の不信感が決定的に高まりつつある。偽装献金事件などの影響による支持率下降を踏まえ、米側は早くも「ポスト鳩山」を視野に入れ始めた。
 「支持率が落ちているが、どう見ているのか」。21日昼、クリントン国務長官との会談のため急きょ呼び出された藤崎一郎駐米大使に、同席したキャンベル国務次官補は、世論調査で鳩山内閣の支持率が5割前後に急落したことに触れ、政権の行方について問いただした。
 首相は、17日にコペンハーゲンで会談したクリントン長官が、同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画見直しを検討するとの自身の説明に理解を示したと発表した。しかし、複数の日米関係筋によると、同長官は会談で、合意履行を「最善の道」として早期決着を求めたのが真相だ。
 同長官は21日の会談で、藤崎大使に「わたしが了承したかのような話になっているが、そんなことはない」と、首相の「捏造」に不快感を表明。現行案を譲るつもりのない米政府の強い姿勢を改めて首相らに伝えるよう求めた。
 オバマ政権が首相個人への不信を強めたのは、11月の東京での首脳会談で飛び出した「トラスト・ミー(わたしを信じて)」発言がきっかけだ。首相は翌日、「大統領は日米合意が前提と思いたいだろうが、それなら(閣僚級の)作業グループをつくる必要はない」と断言。結局、新たな移設先を探す方針を決めた。
 こうした経緯を受け、ホワイトハウス高官は日本側当局者に「大統領は怒り狂っている」と警告。大統領周辺には「鳩山首相は相手にできず」との空気が広がっているという。
 日本側は事態打開のため、岡田克也外相や藪中三十二外務次官らの訪米を模索しているが、日程調整は進んでいないのが現状。来年4月にワシントンで開催予定の世界核安全保障サミットや、同6月にカナダで開かれる主要国首脳会議(サミット)の際の首脳会談も、実現が危ぶまれている。(2009/12/25-16:18)



民主党解剖 (産經新聞社の本)
産経新聞出版
産経新聞政治部

ユーザレビュー:
産経新聞の「劣化」を ...
あまりに「偽善」的な ...
投票前に是非読んで欲 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米高官「オバマ大統領は怒り狂っている」 鳩山首相の発言捏造に不快感、不信決定的に 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる