色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄をなくすはずが、赤字国債過去最大90兆円台半ば

<<   作成日時 : 2009/10/15 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首相、赤字国債増を容認 過去最大90兆円台半ば

 鳩山由紀夫首相は14日夕、2010年度予算での赤字国債発行について、景気低迷による税収減の穴埋めを目的とした増発はやむを得ないとの認識を初めて表明した。10年度予算編成の概算要求では、予算規模を示す一般会計総額が要求段階で過去最大の90兆円台半ばに膨らむ見通し。首相は、一層の要求削減に取り組むよう藤井裕久財務相を通じ各閣僚に指示した。

 首相は赤字国債について「本来発行すべきではないが、税収の落ち込みを勘案しながら考える必要がある」と記者団に明言。衆院選前の8月には、09年度に44兆円超を予定している国債新規発行額に関し「(今後は)増やしたら国家が持たない」と抑制方針を示しており、財政規律が後退する恐れが強まった。

 10年度予算の要求額が大きくなるのは、地方や景気への配慮から各省庁の要求額が拡大しているためだ。閣内からも大型の追加景気対策を求める声が出ている。これに関し政府高官は同日夜、年末の予算編成時には90兆円以下への抑制を目指す意向を示した。年明けの通常国会への提出を予定している09年度第2次補正予算と合わせた「15カ月予算」の規模は大きく膨らむ可能性がある。

 概算要求の再提出は15日に締め切られる。

 09年度当初予算の一般会計総額は88兆5480億円。首相は、衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)以外の予算要求を本年度の水準より抑え込むよう各省庁に指示。財務省などは、7兆1千億円の公約関連を足しても90兆円程度に抑え込むことを目指していた。同省は09年度に1兆円を計上した「経済緊急対応予備費」の要求を見送り、国土交通省も公共事業などの削減を検討中だ。

 だが、原口一博総務相は地方交付税の増額を「(公約の)地方主権への第一歩だ」と位置付け、交付税の配分額を本年度当初比1兆1千億円超増やす方針を表明。厚生労働省も雇用保険の国庫負担拡大などで要求額が5兆円程度膨らむ見込みだ。

 一方、亀井静香金融担当相は14日、「公共事業は悪ではない。(補正削減の)スクラップだけやればいい状況ではない」と述べ、2次補正に3兆円超の追加経済対策を盛り込む必要性を主張。予算編成方針に掲げた「財政規律の確保」が骨抜きになる懸念が出ている


>衆院選前の8月には、国債新規発行額に関し「増やしたら国家が持たない」と抑制方針を示しており
あれ?国家が持たないんじゃなかったのか?
日本を潰すつもりか!

子供手当てだとか、高速道路無料化
高校授業料無料化
などなど無駄にお金を使おうとしすぎだよ・・・



民主党解剖 (産經新聞社の本)
産経新聞出版
産経新聞政治部

ユーザレビュー:
ああこの手法って昔の ...
あまりに「偽善」的な ...
投票前に是非読んで欲 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無駄をなくすはずが、赤字国債過去最大90兆円台半ば 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる