ムーの記事かよw

「豪雨」「竜巻」被災地で飛び交う“疫病神”の名前 (ゲンダイネット)

  一体、何が起きているのか。死者27人を出した九州北部と山口の豪雨被害に続き、群馬では竜巻で20人が負傷。被害総額は数十億円に上り、その後も各地で、真夏とは思えない異常気象や天変地異が相次いでいる。
  被災地の住民たちは今も2次災害におびえながら復旧作業に追われているが、なぜこんなにおかしな天気が続くのか。被災地では、さまざまな憶測が飛び交っている。(中略)

 最大の被害に遭った福岡山口群馬の住民からは、こんな声がささやかれているのである。「福岡といえば麻生首相の地元。山口は安倍元首相、そして群馬は福田前首相の地元です。なぜか、ここ3代続いたダメ首相の地元ばかりが被害を受けている。九州北部と山口だけなら局地的な災害で理屈が通るが、どうして北関東の群馬までが竜巻被害を受けたのか。彼ら3人が疫病神だからとしか思えないのです。
 昔から、国が乱れたときは天災が起きるといいます。江戸時代の飢饉もそうだった。小泉政権時代にも、新潟県中越地震など6件の大地震が発生し、死者は50人超、負傷者は7500人に上ったが、今回の豪雨や竜巻も何らかのシグナルではないのか。次は森元首相を輩出した石川県が心配だ、なんて声まで出ています」(被災地の住民)

 麻生首相は人気取りのために福岡、山口の被災地を回ったが、これ以上、疫病神政権が続いたら日本は本当に沈没だ。


ムーの記事を間違って載せたんですよねwww


そこまでして、自民党を貶めたいのかよ・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック