色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山氏、上杉、寺島両氏を首相秘書官などに

<<   作成日時 : 2009/08/28 10:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鳩山氏、上杉、寺島両氏を首相秘書官などに

 民主党鳩山由紀夫代表は27日、政権交代が実現した場合、実弟の邦夫前総務相の元公設秘書でフリージャーナリストの上杉隆氏を報道担当の首相秘書官か補佐官で起用する意向を固めた。多摩大学長で日本総合研究所会長の寺島実郎氏も外交担当として同様の処遇をしたい考え。党内の了解が得られるかどうかが焦点だが、鳩山氏としては両氏とも、首相直属機関として新設する「国家戦略局」のメンバーも兼務させる考えだという。

 首相秘書官は現在、議員秘書が務めるケースが多い政務担当1人と、財務、外務など中央省庁から出向する事務担当5人の計6人。鳩山氏は両氏を首相秘書官として起用する場合、民間人からの登用となるため、秘書官の定数を定める内閣官房組織令を改正し、民間人の登用枠を増員する方針。首相補佐官は、平成13年の改正内閣法で定員が最大5人と規定されている。首相の政治理念や政策に理解を示す国会議員や民間人が登用されるケースが多い。

 鳩山氏が両氏を起用したい考えであるのは「鳩山氏の考え方をよく理解していて、信頼も厚い」(周辺)ため。また、国家戦略局が外交の基本方針や予算編成など内政の骨格を策定することから、兼務させることで鳩山氏自身の方針を政策に反映させる狙いがある。

 上杉氏は本紙の取材に「打診されても受けるか分からない」と述べた。寺島氏は「海外出張中のため不在」(日本総合研究所)だという。上杉氏は邦夫氏の公設秘書を務めた後、ニューヨーク・タイムズ東京支局に勤務。その後、フリージャーナリストとして政治取材を中心に活躍している。寺島氏は三井物産元社員で、対等な日米関係やアジアでの多国間安保関係構築などを提唱している。


上杉君はかなり以前から
徹底的に自民党批判をしていましたよね。
一方民主党のゴルフコンペに参加w

いままでの仕事への報酬ですね。

民主党マニフェストに“ダメ出し”するのがメディアの仕事か?

 こうした論調に筆者は違和感を持つ。筆者は民主党員でもなければ、民主党支持者でも
ない。だが、野党である民主党のマニフェストの実現性に疑問を投げるこの種の「社説」や
「テレビ解説」をどうしても理解できないのだ。


「故人献金」疑惑の鳩山代表が開いた釈明会見をどう評価するか

「これで代表を辞める話ではないと思います。まず個人の問題ですね。そして弁護士も入って徹底的に調べ、その調査に基づいて先ほど、会見を行って、記者の皆さんの厳しい質問にもお答えになって、終わったわけですから、私は説明責任を果たされたし、納得できるものであったというふうに思います」

 これを受けて、ひとつだけ言えることがある。それは、過去、筆者の出席した弁明・謝罪
会見の中で、きのうの鳩山会見の形式は、もっとも健全で、もっとも誠実なものの一つで
あったということだ。



民主党解剖 (産經新聞社の本)
産経新聞出版
産経新聞政治部

ユーザレビュー:
投票前に是非読んで欲 ...
『日本を貶めた10人 ...
笑い話じゃすまされな ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山氏、上杉、寺島両氏を首相秘書官などに  色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる