裁判官とはどんな人?

逆転無罪の教授、裁判の在り方に怒り

通勤中に突然、逮捕されて以来、冤罪を訴え続けた3年間だった。最高裁が14日、防衛医大教授の名倉正博さん(63)に逆転無罪判決を言い渡した痴漢事件。判決後に東京・霞が関の司法記者クラブで会見に臨んだ名倉教授は「涙が止まらず、妻には『ありがとな』としか言えなかった」とほおを紅潮させた。

 名倉さんは日本思想史が専門。名倉さんによると、助教授から教授に昇格した2006年4月、満員電車の中で、いきなりネクタイをわしづかみにされた。相手は女子高生。「この人、痴漢です」と叫んだ。

 警視庁北沢署に連行され、逮捕を告げられた。所持品の弁当や教材まで押収され、職場や自宅が捜索を受けた。反論は聞き入れられず、ただ自白を強いる捜査が続いた。「どうして分かってくれないのか」。

 無実の訴えは法廷闘争に移り、1、2審とも弁護士から「大丈夫」と無罪判決の太鼓判を押されたが、実刑に。控訴審判決後、裁判長から「まだ最高裁がありますから」とまで言われた。司法への信頼は揺らぎ、この日の判決も収監を覚悟して臨んだ。

 最後は、長かった休職期間を振り返るように「人の一生を何だと思っているのか。裁判の在り方に怒りを覚える」と語気を強めた。



裁判官の感覚はどうなっているのだ?


和歌山の毒物カレー事件は5:0で有罪
状況証拠が膨大にあり、犯人だろうと思えるが
ハッキリ言って迷う部分はある、だが無罪とは言いがたい・・・
しかし、5名の裁判官全員の意見が一致

一方
痴漢裁判逆転無罪では3:2で無罪
この事件は逆に
繊維鑑定でも証拠は出ない、被害者の証言が中心
途中の駅でホームに出たにもかかわらず、また同じドアから
電車内にもどる感覚が理解できないし、
痴漢していた手を掴むのではなくネクタイを掴んだ。
こんなのが一審二審有罪、最高裁でようやく3:2でギリギリ無罪
しかも控訴審判決後、裁判長から「まだ最高裁がありますから」
人の一生を軽く考えすぎていませんか?
ミナミの帝王でも痴漢事件を取り扱ったお話で
無罪にすると後の処理(書類等)が面倒だと書かれていたのを記憶しています。本当か?と笑っていましたが、こんなのを見ると本当だと思ってしまいますよ。

ホントに人の一生をなんだと考えているのか・・・

そして熊本体罰訴訟
http://hokusetu.at.webry.info/200904/article_61.html
一審・二審の裁判官てどんな人なの?

かなり一般とは懸け離れた感覚の持ち主のように感じる。


裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)
幻冬舎
長嶺 超輝

ユーザレビュー:
この切り口は斬新!考 ...
いい意味で、タイトル ...
一般民と法の接近?  ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック