何故厳しく対処しないのだ?

妻が投げた鍵、JR筑肥線止める 8600人に影響

6日午前7時20分ごろ、佐賀県唐津市浜玉町浜崎のJR筑肥線浜崎駅で、上りホームの架線にひも状の異物を駅員が見つけた。撤去するまで列車の運行を約40分間見合わせた。

 同駅によると、下りホームにいた会社員の女性(25)が、上下線の線路を挟んで約10メートル離れた上りホーム側の駅舎近くにいた夫に向かってひもつきの鍵を投げたところ、架線に引っかかったらしい。夫は出勤する妻を駅まで送った後、自宅の鍵を持っていないことに気づき、妻に「鍵がないよ」と叫んだところ、列車が進入してきて慌てた妻が、持っていた鍵を投げたという。

 筑肥線は西唐津―姪浜間でいずれも普通列車が上下各1本運休、上り3本が最大47分遅れた。同線に乗り入れている福岡市営地下鉄と合わせ、計約8600人に影響が出た。

 妻はいったん列車に乗ったが、約30分後に夫と浜崎駅に戻り、平謝り。JR九州広報室は「今後は手渡しでお願いします」と苦笑い。夫婦が素直に事情を説明し、悪意がなかったことに免じて、ダイヤの乱れによる損害賠償請求は見送るという。


温情を見せているつもりかもしれないが
それに巻き込まれた利用客はたまったもんじゃない。
シッカリと損害賠償請求すべきだ!

 これ以降線路近くでふざけた事をしないでおこうと
思わせるためにハッキリ公表すべきだ。




Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年08月07日 22:00
その通りですね。
電鉄会社側はそれで温情をみせいいカッコウしたろうけど、被害を受けた乗客はたまったもんではない。
被害総額はなん何億になると思うから全額請求は無理だろうけども、見せしめの為にも幾分かの金額を請求すべきですね、本人達が後悔する位の額です。
勿論そのことを公開してアホーな奴等の再発防止に役立てるのは至極当然な行為だと思います。
色々(管理人)
2008年09月21日 14:45
コメントありがとうございます。

今回の夫婦でなくとも
生活を壊さないくらいの金額は請求すべきですよね。
厳しい姿勢があれば少しは事態の改善もありうると思います。

この記事へのトラックバック