色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「準公選制」???

<<   作成日時 : 2011/05/13 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪市が区長「準公選制」 橋下構想対抗で研究会

 大阪市が、区役所改革を進めるための「行政区制度調査研究会」(仮称)を5月中にも設置することが11日、分かった。区長を住民投票で選び、市長が任命する「準公選制」などの導入を検討。10月までに中間報告をまとめ、来年2月に最終報告を出す方針。区長を投票で直接選ぶ区長公選制の導入を掲げる地域政党「大阪維新の会」(代表、橋下徹大阪府知事)に対抗する狙いがありそうだ。

 市によると、研究会のメンバーは神野直彦東大名誉教授や大阪市立大、大阪大の教授ら有識者4人のほか、市幹部ら計10人程度で構成。区役所改革の方向性について検討する方針で、準公選制のほか、区役所の事務をブロックごとに統合したり、民間委託したりして合理化を進めることも検討する。

 市は現在、通常の人事異動で区長を決めている。市が今回導入を検討している準公選制では、市職員のほか、公募に応じた民間人も含めた複数の候補の中から住民投票で選ぶ方法など、幅広い選択肢が考えられる。ただし、市は「現時点では白紙」としている

 平松邦夫市長はこれまで、大阪維新の会が掲げる区長公選制に対抗する形で区役所の権限強化を打ち出し、区長のアドバイザー役となる「区政会議」の設置や、将来的に区役所の予算を50倍に増額する方針などを相次いで打ち出してきた。

 市によると、今回の研究会でも区長の権限強化や、選任方法について検討。市は「白紙の状態から検討する」としているが、平松市長は市の解体につながる区長公選制には強く反対しており、今後、市の枠組みを残す準公選制の導入などを検討していく見通し。


目的を間違えるなよ。

対抗するための政策なんて必要ないぞ。

市・市民が幸せになる政策を提案し実行しろ!



次の選挙まで十分な時間はないだろw




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「準公選制」??? 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる