色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS まあ、その程度でしょ

<<   作成日時 : 2011/03/10 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

蓮舫大臣に東京マラソン財団が反論 「賞金の障害者格差大きくない」

東京マラソンの優勝賞金に対し、蓮舫行政刷新相が障害者格差があると噛みついたことに、ネット上で疑問の声が相次いでいる。東京マラソン財団も大きな格差でないと反論しているが、蓮舫大臣側は「差別だとは言っておらず、問題提起しただけ」などと説明している。

2011年は2月27日に行われた人気の東京マラソンでは、マラソンが一般と車いすの部に分かれている。優勝賞金は、男女ともにそれぞれ800万円と20万円だ。

答弁で「あまりにも差がある」

いわば40倍も格差があるわけだが、3月9日の衆院内閣委員会で、このことが話題になった。質問に立った自民党長島忠美委員が「政府が障害者への思いを熱くしない限りは解決しない問題だ」とただすと、障害者施策担当の蓮舫大臣は、次のように答弁した。

「やはりこれはあまりにも差があるんでないかと、私もまったくそのように思っております」
つまり、格差には問題があるということだ。蓮舫氏は、東京マラソン財団への聞き取りから、ニューヨークシティマラソンが一般と車いすの部でそれぞれ優勝賞金が13万ドル、5000ドルと格差があるのをまねたことが分かったと言及。そのことを疑問視したうえで、今国会に提出する障害者基本法改正案には、次のような思いを盛り込みたいと明かした。

「障害を通して差別されることがスポーツにおいても通常生活においてもあってはならない」
こうした答弁の一部が新聞報道されると、2ちゃんねるやミクシィなどでは、蓮舫大臣の発言を疑問視する声が相次いだ。


東京マラソンは、一般の部の参加者が3万3000人強だったのに対し、車いすの部は25人。参加人数比を考えると、大きな賞金格差だとは言えないのではないかということだ。


東京マラソン財団の広報部では、取材に対し、蓮舫大臣とは認識が違うことを明らかにした。

「大臣は参加人数を知らされていなかった」
「一般の部とあまりにも差があるとは考えていません。障害者差別にも当たらないと考えています。一般の部は、オリンピック選考会も兼ねた競技性の高い大会です。車いすの部は、パラリンピックの公認も受けていませんし、参加者数を考えても、同じ土俵のものではありません」
車いすの部25人のうち、女子マラソン(42.195キロ)の参加者は2人。それでも優勝すれば、賞金20万円が支払われる。また、2、3位でも、それぞれ10万円、5万円が支払われる。そして、ここ数年は同じ参加者が優勝していることから、ネット上では、賞金がむしろ高すぎることはないのかとの指摘も出ているほどだ。

一般の部でも、女子マラソンは参加者の2割強に留まるため、男女で同じ賞金額であることに疑問の声もある。

東京マラソン財団の広報部では、「参加者数だけが賞金の決定要素ではなく、国内外の主要大会で男女とも賞金額が同一であったことから、同じ土俵のものと考えました」と言っている。

蓮舫行政刷新相の答弁については、内閣府の障害者施策担当者は、こう説明する。

「大臣は、参加の人数や状況をご存知ではありませんでした。聞き取りでこうしたことをご存知になれば、違う答弁になったかもしれません。東京マラソンの格差については、差別だとは言っておらず、問題提起しただけということです。差別がいけないと言ったのは、あくまでも一般論としてです」
なお、質問者の長島忠美委員は、取材に対し、その意図をこう話した。

「東京マラソンの賞金について批判したわけではありません。賞金を例として、障害者の社会参画を増やすよう、その頑張りをもっと評価した施策を取るべきだと言ったわけです」


>大臣は参加人数を知らされていなかった
たとえ知らされていなくても、あれだけの規模のマラソンなのに
それ位の事予想できないか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあ、その程度でしょ 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる