色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 4度目アジア制覇

<<   作成日時 : 2011/01/30 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

また止めた! 神様、仏様、川島様!

 サッカー・アジア杯決勝(日本1−0オーストラリア、現時時間29日、カタール・ドーハ)日本が豪州に延長の末に1−0で勝利。2大会ぶり、単独最多となる4度目の優勝を達成した。GK川島永嗣(27)=リールス=が再三のピンチに好セーブを連発。初制覇を狙う相手に押されながらも無失点に抑えた。アルベルト・ザッケローニ監督(57)は就任以降、指揮を執った試合は8戦不敗。日本代表監督として歴代単独1位となった。大会MVPにはMF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=が選ばれた。(サンケイスポーツ ペン・志田健、浅井武、カメラ・大橋純人)

 取った! 守った! 勝った!! GK川島が、鬼の形相でゴール前にたちはだかり、咆哮した。後半27分、FWキューウェルと1対1になる絶体絶命のピンチを体を捨てながら好セーブ。延長前半14分には、FWクルーズのヘディングシュートを右腕1本で防いだ。ディフェンスラインは何度も体を張って窮地を救い、高さ、強さのある豪州の攻撃陣に得点を許さなかった。120分の死闘。今大会最多得点の豪州をゼロ封し、4度目アジア制覇の立役者となった。

 「いろいろあったけど、今は振り返っているときではない。自分たちがトップに立ってから振り返りたい」

 決勝前夜、川島は言葉に力を込めた。今大会出場した4試合で6失点。1次リーグ第3戦・サウジ戦を完封した西川と対照的に1度も完封がない。第2戦・シリア戦は“誤審騒動”で退場。準々決勝・カタール戦では自身の位置取り、壁の配置のミスが重なったFKで失点を許した。

 うつむきかけたとき、ザッケローニ監督の言葉が背中を押した。「わたしはお前を信頼している」とだけ言葉を残し、叱責は一切口にしなかった。「普段の生活、言葉、振る舞い。すべてから信頼を感じる。だから応えようと思う」(川島)。最後の大舞台で120分間ゴールを守りきり、期待に応えた。

 ザッケローニ監督は強さの理由に「Grande Compattezza(偉大な団結力)」と何度も口にした。この日は0−0の後半11分からMF藤本に代えてDF岩政を投入。DF今野を左サイドバックに回し、長友を攻撃的な左MFの位置へ上げた。豪州の高さに対する窮余の一策だったが、選手も呼応した。

 就任から国際Aマッチ8戦無敗は第1次岡田政権を抜く単独首位。南アW杯から続く12戦連続無敗も首位タイだ。各大陸王者が集う、13年のコンフェデレーションズ杯出場権も獲得。団結力で勝ち抜いたザック・ジャパンが史上最強の日本代表へ、階段を上り始めた。


点数を取れる事がなによりだ。


もうGKトレーニングで悩まない!ゴールキーパー基礎&実戦トレーニング [DVD]
株式会社イースリー
2010-04-07


Amazonアソシエイト by もうGKトレーニングで悩まない!ゴールキーパー基礎&実戦トレーニング [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4度目アジア制覇 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる