色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下に10時間…ロケット発射前の缶詰め解消へ

<<   作成日時 : 2011/01/22 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地下に10時間…ロケット発射前の缶詰め解消へ

 大型ロケット「H2B」などが打ち上げられる鹿児島県種子島宇宙センター射場の発射管制棟で、発射10時間前から約150人の作業員らが地下施設に缶詰めにされる前近代的な労働環境を改善しようと、宇宙航空研究開発機構は管制棟の機能移転の検討を始めた。

 発射管制棟は、ロケット打ち上げまでの作業などを指揮する最前線基地。1988年に建設された当時の通信事情から射点から500メートルに設置された。燃料が充填(じゅうてん)される打ち上げ10時間前から、爆発の影響を受ける射点から半径3キロ・メートル内が立ち入り禁止区域となり、管制官、作業員ら約150人は、管制室(縦横約25メートル四方)と合わせ、延べ床面積約700平方メートルの狭い空間に居ることが強いられていた。

 機能移転は、建物の老朽化や機器の更新を機に浮上。通信技術の進歩で、発射管制室も射点から3キロ・メートル以上離れた場所でも指揮できることから、現在、打ち上げ後の管制を行う指令管制棟付近への移転が有力視されている。

(2011年1月22日17時35分 読売新聞)


10時間も缶詰なのかよ。
それはキツイな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地下に10時間…ロケット発射前の缶詰め解消へ 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる