色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 告発されたウィキリークス創設者の強姦容疑は本当か?中傷か?

<<   作成日時 : 2010/12/08 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

告発されたウィキリークス創設者の強姦容疑は本当か?中傷か?

 英ロンドン警視庁は日本時間7日夜、米政府の機密文書を暴露して話題になっている内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者(39)を逮捕した。性犯罪容疑でスウェーデン検察当局が逮捕状をとり、国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配していた。同容疑者は容疑を否認しており、本当に性犯罪はあったのかに注目が集まりそうだ。(夕刊フジ)

 アサンジ容疑者は同日夜、ロンドン市中心部の警察署に出頭して逮捕された。

 逮捕状を発布しているスウェーデン当局への身柄引き渡し手続きは、英国の裁判所の尋問などをへて決定するが、同容疑者は裁判所に引き渡しを拒否。裁判所が引き渡しを決定しても、同容疑者側は上級審に訴える可能性があり、最終的な結論が出るまでに数カ月はかかる見通しだ。

 米政府の機密文書を暴露し、世界的に注目されているアサンジ容疑者の逮捕。世界の関心は本当に性犯罪を犯したのかに集まっている。

 アサンジ容疑者は今年8月17日ごろ、スウェーデンの首都ストックホルムの近郊で女性2人に対し、「違法な強要、性的いたずら、強姦」(ロンドン警視庁の声明)をした疑いが持たれている。1人には暴行、もう1人の女性にも性的被害を与えたとされる。

 2人が被害を届け出たことから事件化。スウェーデンの検察当局は8月20日、逮捕状を請求したが、嫌疑不十分として翌21日請求を取り下げた。

 ウィキリークスは7月にアフガニスタンでの軍事作戦などの機密文書約7万6000点を暴露。さらに、11月28日には、機密文書を含む米外交公電約25万点の一部を暴露し始め、欧米メディアを巻き込んで外交の舞台裏を暴露していった。

 こうした流れのなか、スウェーデン当局は11月18日に再び逮捕状を請求し、裁判所は逮捕状を発布。これを受けて、ICPOが同30日に国際手配した。

 アサンジ容疑者は女性2人とは合意の上で関係を持ったとして、容疑を否定。逮捕状が出たことについて、「告発活動を妨げるための中傷だ」としている。

 アサンジ容疑者は1971年、オーストラリア生まれ。複雑な家庭環境のもとで育ち、幼少のころは母親とともに各地を転々としたという。10代のころから天才ハッカーとして名を馳せ、90年代にはハッキングの罪で有罪判決を受けた。スウェーデンやアイスランドなどを拠点に活動し、最近は英国南東部に滞在していたという。


たしかにこのタイミングでは別件で圧力をかけていると取られてもしかたがないだろ。


インターポール―国際刑事警察機構の歴史と活動 (文庫クセジュ)
白水社
マルク ルブラン


Amazonアソシエイト by インターポール―国際刑事警察機構の歴史と活動 (文庫クセジュ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
告発されたウィキリークス創設者の強姦容疑は本当か?中傷か? 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる