色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党の力がわかった?

<<   作成日時 : 2010/09/05 15:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「雇用拡大」訴えにも冷ややか=若者でも厳しさ増す就活−民主党への期待、失望に

 民主党代表選では、菅直人首相も小沢一郎前幹事長もそろって「雇用の拡大」を掲げる。「国民の生活が第一」を旗印に政権交代を成し遂げてから1年。雇用環境は一向に好転せず、若者といえども就職活動は厳しさを増す一方だ。期待は失望に変わり、見詰める目も冷ややかだ。

 「何かやってくれるはず」。埼玉県入間市の元契約社員男性(29)は1年前、民主党政権誕生に期待を寄せた。だが、半年前に派遣先の会社から契約を更新されずに失業。職探しを続けるが、好材料は一つもない。「政権が代わっても経済対策は空回り」と失望する。契約社員になる前の勤め先でパワハラに遭い、体調を崩した。休職して治療に努めたがリストラに。「セーフティーネットがしっかりしていれば復帰できたのではないか」との思いもよぎる。「命を守る政治を」。求める声は切実だ。

 東京都江戸川区の女性(26)は6月末、4年余り勤めた会社を退職。キャリアアップを目指したが、環境は激変していた。内定取り消しの憂き目を見た5年前の方が良く思える。「新卒」を条件に掲げる企業が多く、「今は内定すら出ない」。「新卒が有利という考え方を変えて」と訴えた。
 東村山市の元システムエンジニアの男性(24)は、新卒で入った会社をわずか半年でリストラされた。以来2年間、職種にこだわるのをやめたが職は見つからない。「政治には期待していません。採用は企業の問題ですから」と疲れ切った表情で語った。
 「くだらない政局」と冷ややかに見るのは千葉県市川市のアルバイト男性(29)。政権が代わっても安定した職は得られず、菅首相の「一に雇用、二に雇用、三に雇用」も胸に響かない。「身内じゃなく、国民のための何かをしてほしい」とつぶやき立ち去った。(2010/09/05-14:40)


民主党を信じたのかよ・・・
少しは民主党の実力がわかったかな?


民主党の正体?矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
「反民主=保守」は大 ...
大新聞及びNHK等一 ...
民主党酷いな、小沢党 ...

Amazonアソシエイト by 民主党の正体?矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党の力がわかった? 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる