色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS ガス抜きになったか?民主党両院議員総会

<<   作成日時 : 2010/07/30 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「首相は惨敗の責任取れ」=9月にらみ、小沢系が揺さぶり−民主党両院議員総会

 29日の民主党両院議員総会では、小沢一郎前幹事長に近い議員を中心に、菅直人首相や党執行部に対する責任論が噴出、9月の代表選をにらみ、首相サイドを激しく揺さぶった。両院総会で参院選総括にとりあえず終止符を打ち、臨時国会を乗り切って再選につなげたい首相にとっては戦略に狂いが生じた格好だ。

 「幹事長や選対委員長は当然だが、首相自ら責任を取るべきだ」。中津川博郷衆院議員が口火を切ると、小沢グループ森裕子参院議員も「大惨敗なのになぜ責任を取らないのか」と迫り、執行部がまとめた総括案を了承できないと声を張り上げた。

 参院選マニフェスト(政権公約)に盛り込まなかった「消費税率10%」を首相が参院選で突然持ち出したことにも批判が集中。「(党は)いつから北朝鮮になったのか」と、執行部を独裁扱いする発言まで飛び出した。結局、総会は予定された1時間を大幅に超え、2時間に及んだ。

 小沢サイドは、首相が6月の政権発足時の人事で「小沢色」を払しょくしたことに不満をくすぶらせ続けていた。小沢氏は総会には顔を見せなかったが、都内の個人事務所で高嶋良充前参院幹事長と会い、2011年度予算編成に関し「官僚主導に後戻りしている」と苦言を呈した。
 こうした反応については、枝野幸男幹事長ら執行部もある程度は織り込み済み。参院選直後から落選議員や都道府県連関係者に意見聴取し、両院総会を見据えて「ガス抜き」を図ったが、不満は収まらず、執行部の思惑は外れた。
 それでも首相は総会で、「9月の代表選で判断をいただく」と述べ、代表選への出馬を事実上宣言した。鳩山由紀夫前首相、岡田克也外相ら代表経験者が続々と首相の再選支持を表明していることを受け、流れを固める狙いとみられる。首相は総会後、周辺に「まだまだ支えてくれる方がいる」と語った。
 ただ、小沢グループの中堅は「無投票再選は許されない」と、代表選で勝負を懸ける考えを示した。30日召集の臨時国会も「衆参ねじれ」で野党の容赦ない追及が待ち受ける。首相の政権運営は今後も厳しいものになりそうだ。(2010/07/29-22:33)


>「(党は)いつから北朝鮮になったのか」と、執行部を独裁扱いする発言まで飛び出した。
ここ数ヶ月の国会運営をみていれば、民主党政権が
独裁なのは明らかでしょ。
いまさらなにを言っているのだw


民主党政権では日本が持たない
PHP研究所
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
歴史に残っても良い名 ...
「友愛」とはなんだっ ...
自信を持って、政権を ...

Amazonアソシエイト by 民主党政権では日本が持たない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガス抜きになったか?民主党両院議員総会 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる