色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 市がだめなら、国がなんとか動かんか!

<<   作成日時 : 2010/07/03 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

保留の14人も「受給認めざるを得ない」 平松大阪市長

 入国直後の中国人46人が大阪市に生活保護を申請した問題で、平松邦夫市長は1日の定例会見で、受給開始決定を保留している14人について「入国を認めた大阪入国管理局の判断が変わらなければ、受給決定を認めざるを得ない」と述べた。

 市は1日、受給決定している32人には「法的に保護の停止ができない」として7月分の保護費を支給し始めた。保留の14人分は大阪入管に審査状況を問い合わせていた。大阪入管は6月30日、「在留資格の認定は日本国籍を持つ人の親族という身分に基づくもので、入国後の生活基盤は主要な要素でない」と説明。その上で「身元引受人の扶養が虚偽としても、さかのぼって入国許可を取り消すことはしない」と回答したという。

 46人は5月2日〜6月11日、西区在住の親族女性2人の介護名目で入国。市が入管に問い合わせたところ、46人の大半はいずれも「親族でない第三者の身元引受人が扶養する」として入国が認められたという。

 入管法は「生活上、地方自治体の負担となる恐れのある者は上陸を拒否する」と規定している。しかし46人は入国後平均8日で生活保護相談に区役所を訪れている。平松市長は「入管は何をどう審査したのか、不思議でならない」と批判した。

 大阪入管総務課の担当者は「血縁関係が証明されていて必要書類も整っており、在留資格を認めざるを得なかった」と話している。



大阪入管総務課の担当者も大阪市長も問題をやり過ごそうとしているだけだ。

問題意識をもたないのかよ・・・




反日マスコミの真実2010 ―日本を壊す、言論統制と情報封殺システム―(OAK MOOK 327 撃論ムック) (単行本)
オークラ出版
西村幸祐

ユーザレビュー:
もうマスコミの言うこ ...
西部邁の意見以外は全 ...
国民は呆れてるぞ・・ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市がだめなら、国がなんとか動かんか! 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる