色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取

<<   作成日時 : 2010/06/15 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取

 行政刷新担当相を務める民主党の蓮舫参院議員(42)の30代の男性公設秘書が、東京都豊島区の路上で女性の体を触るなどした疑いがあるとして、警視庁池袋署が男性秘書から任意で事情聴取していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、痴漢行為は女性が被害届を出さなかったため事件化されていないが、男性秘書は任意聴取の段階で痴漢を認めたという。

 捜査関係者によると、自転車に乗っていた男性秘書は2日午前2時5分ごろ、豊島区池袋の川越街道沿いの歩道で、歩いて帰宅中だった女性(18)=板橋区=に対し、追い抜きざまにスカートをめくり、尻を触って逃げたとされる。

 直後にパトカーで現場を通りかかった警視庁第2自動車警ら隊の隊員が、様子がおかしい女性に声をかけたところ、女性から「あの人痴漢です」との訴えを受け、先方を走っていた男性秘書を呼び止めて署に同行を求めた。

 男性秘書は当初、「知らない」と痴漢行為を否定したが、その後「スカートの中を見たくてやった」と認めた。女性は「早く帰りたい」として被害届を出さずに帰宅したため、男性秘書に対しては事情聴取のみで終了した。男性秘書は少し酔った様子だったという

 同事務所の代理人弁護士は産経新聞の取材に対し、男性秘書が女性とトラブルになったことや、任意で事情聴取を受けたことは認めた上で、「刑事事件として事情聴取をされたものではない。男性秘書を容疑者とする刑事事件は存在せず、内容の詳細は控える」とコメントしている。



蓮舫氏「あってはならず、申し訳ない」 痴漢の秘書は依願退職

 蓮舫行政刷新担当相は15日午前の記者会見で、30代の男性公設秘書が女性に痴漢行為をした疑いで警視庁の任意の事情聴取を受けたことについて「女性として、娘を育てる母として、今回の件は本当にあってはならない、申し訳ないことだと思っている」と陳謝した。

 蓮舫氏によると、秘書から2日の事情聴取後に報告があり、弁護士に依頼して事実関係を確認。4日に話し合いの結果、秘書は依願退職した。

 蓮舫氏は被害を受けた女性に対して、被害届が出ておらず接触できていないとしたうえで、「真摯に大変申し訳ないと思っている」と語った。


女性はなんで被害届けださなかったんだろうか?


>男性秘書は少し酔った様子だったという
飲酒運転???
こっちも問題なんだが。



民主党政権崩壊へ―日本の混迷、没落を許す国民に未来はあるのか?(OAK MOOK 338 撃論ムック) (単行本)
オークラ出版
西村幸祐

ユーザレビュー:
藤井財務大臣の辞任が ...
国民も民主党の胡散臭 ...
民主党政権は戦後日本 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる