色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS つい本音が出ましたwww

<<   作成日時 : 2010/06/13 03:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」

《懲役2年の求刑を受けた後、裁判長に促され証言台の前に立ったピーター・ジェームス・
 ベスーン
被告(45)。ゆっくりと日本語で、手にした書面を読み上げ始めた。英語なまりが
 強く残った片言の日本語だが、声は高く、はっきりと聞き取れる》

 被告「私が日本の皆さんに理解していただきたいことを2つ述べたいと思います。私が
 抗議活動に参加した理由ですが、日本の違法な捕鯨活動を抗議しようとしたのであり、
 乗組員にけがをさせようとする意図はありませんでした」

 被告「私は、日本には日本の、ニュージーランドにはニュージーランドの法律があり、
 捕鯨に対する考えが違うのも理解しています」
 「しかし、日本の調査捕鯨は実際は『商業捕鯨』であり、違法であるのに加えて、
 とても残酷です。クジラは錨を撃ち込まれて血を流しながら死にます。
 そしてすぐに解体され、食用に加工されます。日本では高タンパク食品として取引されています」
 「そのような捕鯨活動は、商業捕鯨と変わりません。日本は調査捕鯨の名目で1万頭(のクジラ)を
 捕ってきました。これほど多いのは日本だけです。国際捕鯨委員会(IWC)も批判しています」

 《日本の調査捕鯨は国際取締条約で認められた合法行為で、IWCも容認している。調査のために
 捕獲されたクジラを、調査後に食用に加工することも合法行為だ。しかし、ベスーン被告は、
 こうした点にはまったく触れず、日本の調査捕鯨に対する一方的な批判を展開していく。
 ベスーン被告はかん高い声で、書面の読み上げを続けていく。ときおり証言台の側を歩き
 回りながら裁判長の方を向いたり、弁護側の方を見たりしている》

 被告「南極海は、私たちニュージーランド人にとってとても身近な海です。そこで違法な
 捕鯨活動をするのはとても攻撃的なことです。私は違法な捕鯨活動をやめさせようとして
 抗議活動をしました」

《ベスーン被告はここで一度、読み上げを止める。そして、急に声のトーンを落とし、涙声になった》

 被告「ご迷惑をおかけした人には申し訳ない気持ちです。罪を軽くするためにおわびをする
 気持ちはありません。乗組員にけがをさせることは望んでいません。また、日本の皆さんに
 調査の実態を知ってもらい、捕鯨活動を中止してもらうことを希望しています」
 「アディ・ギル号は、私にとって特別なものでした。3億円のお金を出して、アイデアも自分で
 出して造りました。世界を何度も回りました。沈没したときは、心情的にも財産的にも
 大きなものを失いました」

 被告「私は日本の皆さんに敵意を持っています」
 《こう言った後、ベスーン被告は、すぐに動揺したような様子を見せた。何か言い間違えたようだ。
 弁護人も気づいたのか、驚いた様子でベスーン被告を見る。ベスーン被告が慌てて言い直す》
 被告「敵意を持っていません。捕鯨活動をする人には敵意を持っていましたが、日本に
 来る前にそれが間違っているのに気づきました。今では、日本人は寛容で思いやりがあり、
 世界でもっとも尊敬できる人だと思っています。今では、(日本人に)敵意を抱くことはなく、
 違う考えを持っている人だと思っています」


 《南極海で日本船に侵入した後、身柄を拘束されたベスーン被告だが、日本に移送される
 までの間、捕鯨船団の日本人乗組員と一緒に食事をするなど、生活をともにしていた。
 その生活が、日本への感情を変えたと言いたいのだろうか》

 被告「日本の人々が私に悪い感情を持っていることは理解しています。私は私の考えで
 行動しました。誰も傷つけたくはありません。一日も早く尊敬する日本の人々と捕鯨に対する
 意見の対立が終わることを望みます」

 《ベスーン被告は、多和田隆史裁判長の方を向いて一礼し、意見陳述を終えた。
 後ろの傍聴席から見ると、両手を胸の前に持ってきて、祈るようにしているのが分かる》


つい本音がでちゃったんだねwww

まあ、喋っている事の大半は捕鯨に関することのようで
反省しているとはまったく感じない。
よって情状酌量なんて必要ないな。


闘え!くじら人―捕鯨問題でわかる国際社会
成山堂書店
山際 大志郎

ユーザレビュー:
食料問題!鯨専門店に ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つい本音が出ましたwww 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる