色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 東芝、ゲイツ氏と次世代原発開発へ

<<   作成日時 : 2010/03/23 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東芝、ゲイツ氏と次世代原発開発へ 維持コスト管理を低減

 米マイクロソフトの創業者で会長のビル・ゲイツ氏が関与する米ベンチャー企業と東芝が、次世代原子炉の開発に向けて技術情報の交換を始めたことが23日、わかった。ゲイツ氏は数千億円の私財を投じる姿勢といい、維持管理などのコストを大幅に低減できる次世代炉の開発が一気に進む可能性がでてきた。

 共同開発を目指すのは、米原子力ベンチャー「テラパワー」が基本設計を進めている「TWR」と呼ばれる高速炉。国内外の一般的な原子力発電所では軽水炉が濃縮ウランを使うのに対し、TWRは劣化ウランを燃料に使用。軽水炉の場合は数年おきに燃料交換が必要だが、TWRの場合は最長100年間も燃料交換が不要で、出力も10万〜100万キロワットと、軽水炉並みの出力が見込める。

 一方、東芝では出力が1万キロワットと小さい一方で、燃料交換が30年不要な高速炉「4S」を開発済み。僻地での発電など、維持管理が困難な場所での利用に適しており、米国の規制当局の認証が得られれば、2014年にも米国内で着工する。

 4Sの使用燃料はTWRとは違う金属ウランだが、同じ高速炉であることから、「技術面での共通点も多い」(東芝)。

 ゲイツ氏は昨年11月、テラパワーの幹部とともに横浜市にある東芝の原発研究施設を訪問した。テラパワーと東芝の守秘義務契約は1カ月もたたないうちに成立し、技術面での協力の可能性など、開発に向けた可能性を追究し始めた。

 米フォーブス誌によると、ゲイツ氏の資産は530億ドル(4兆8千億円)で世界第2位。ゲイツ氏は2000年に設立されたテラパワーの事実上のオーナーという。



原子力発電がよくわかる本
オーム社
榎本 聰明

ユーザレビュー:
原発賛成,反対いずれ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東芝、ゲイツ氏と次世代原発開発へ 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる