色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ

<<   作成日時 : 2010/02/02 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ

 JR東海道新幹線で先月29日、架線が切れて停電し約14万9000人に影響が出たトラブルで、JR東海は1日、パンタグラフのボルト取り付けを忘れた人為ミスが原因だったと発表した。

 ミスがあったのは、現場近くで停車した「こだま659号」後方のパンタグラフ。調査したところ、先月27日、東京・大井地区の車両基地で、パンタグラフ上部の「舟体(ふなたい)」と呼ばれる部品を交換した際、作業員が固定するボルト(直径8ミリ、長さ3センチ)4本をすべて取り付けるのを忘れたという。

 このため走行中に舟体が外れ、パンタグラフのアームが架線を支える金具に引っかかり、線がちぎれたと断定した。この車両は、舟体を固定しないまま29日に東京―新大阪間を1往復していた。都内で記者会見した同社新幹線鉄道事業本部の長田豊・副本部長らは「初歩的なミスで申し訳ない」と陳謝した。

(2010年2月1日16時01分 読売新聞)


ありえないだろ、こんなミス・・・

1本ならあるかもと思えるが、4本全部とは???

事実であるなら、たるみすぎだ!


新幹線車両ガイド (イカロス・ムック)
イカロス出版


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる