色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝

<<   作成日時 : 2010/02/01 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。

 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。

 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。

 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。

(2010年1月21日10時22分 読売新聞)


なにを信用してよいのかわからなくなってくるな。


地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す
ソフトバンククリエイティブ
ビョルン・ロンボルグ

ユーザレビュー:
古館伊知郎に読ませた ...
何のための温暖化対策 ...
本当の解決策は何か? ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ヒマラヤと地球温暖化?消えゆく氷河
昭和堂

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる