色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 押尾学 判決 懲役1年6月 執行猶予5年

<<   作成日時 : 2009/11/02 13:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【押尾学 判決】「相当長期間にわたって見守る必要ある」と猶予5年 判決要旨

麻薬取締法違反(使用)罪に問われた元俳優、押尾学被告(31)に対する東京地裁の判決要旨は以下の通り。

 【主文】懲役1年6月、執行猶予5年

 【犯罪事実】押尾被告は、法定の除外事由がないのに、平成21年8月2日ころ、東京都港区六本木の六本木ヒルズレジデンスにおいて、麻薬であるMDMAの錠剤若干量を飲み込み、もって麻薬を使用した。

 【量刑理由】本件は、押尾被告がMDMAを1回使用したという事案であるが、押尾被告の認めるところによれば、2年くらい前から最近まで複数回、外国で複数の知人とMDMAの錠剤を服用した経験があり、今回も親しい知人と共に同様の錠剤を服用したというのであるから、麻薬使用者との交友関係が深く、麻薬に対する親和性が相当強いことがうかがわれる。したがって、その刑事責任を軽く見ることはできない。

 しかし、押尾被告が公訴事実を認め、今後は違法な薬物に手を出さないと述べていること、前科がないことなどの事情に照らせば、一度は社会内で自分の力で更生する機会を与えるのが相当であるから、今回は、その刑の執行を猶予する。

 ただし、本件のMDMA使用がどのような経緯で行われたのかという点に関する押尾被告の法廷での説明は、その内容が不自然であり、押尾被告自身が認めている犯行発覚までの経緯や発覚後の言動に照らしても、およそ信用し難い。また、違法薬物との関係を断絶するための環境整備が十分にできているとも認め難い。そうすると、相当長期間にわたって再び違法薬物に手を出さないかどうかを見守る必要があると考えられる。そこで、執行猶予の期間を5年間とする。



夜回り先生・水谷修のメッセージ ~いいもんだよ、生きるって~ [DVD]
NHKエンタープライズ
2005-01-21

ユーザレビュー:
物申すんー一言で言う ...
この間の講演に行けな ...
責任と実行先日の深夜 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
押尾学 判決 懲役1年6月 執行猶予5年 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる