色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国初の人工衛星、軌道投入失敗後に大気圏突入で消滅か

<<   作成日時 : 2009/08/27 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国初の人工衛星、軌道投入失敗後に大気圏突入で消滅か

韓国当局は26日、韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(Korea Space Launch Vehicle-1、KSLV-1)」で25日に打ち上げられた衛星は、軌道への投入失敗後に大気圏で燃え尽きたとみられると発表した。

 韓国の教育科学技術省によると、ロケット先端部分に設置された2つのカバーのうちの1つが離脱しなかったことが原因だという。

 カバーの重量が重しになり、2段目のロケットで、衛星を軌道に乗せるために必要な推進力を得ることができなかった。秒速8キロメートルの速度が必要だったが、秒速6.2キロまで減速していたという。

 また、カバーの重量が原因でロケットの飛行角度が上向きになり、予定されていた上空302キロメートル地点よりも高い387キロメートル地点で衛星が切り離された。

 韓国当局者は、カバーの切り離しは韓国の担当だったが、技術全般はロシアが担当していたので、両者に責任があると述べた。


>衛星は、軌道への投入失敗後に大気圏で燃え尽きたとみられると発表した。
スペースデブリにならなかったのかよかった。


現代萌衛星図鑑
三才ブックス
しきしまふげん

ユーザレビュー:
なんて大袈裟な・・・ ...
モノに魂は宿っている ...
涙なしには読めない1 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国初の人工衛星、軌道投入失敗後に大気圏突入で消滅か 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる