色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 偽証明書作成、組織的犯行の疑い強まる…厚労省局長逮捕

<<   作成日時 : 2009/06/16 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

偽証明書作成、組織的犯行の疑い強まる…厚労省局長逮捕

 郵便法違反事件を巡り、自称障害者団体「凛(りん)の会」(解散)に対し、偽の障害者団体証明書を発行したとして、大阪地検特捜部は14日、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)を虚偽有印公文書作成、同行使容疑で逮捕し、当時部下だった同省障害保健福祉部企画課係長、上村(かみむら)勉容疑者(39)ら3人も同容疑で再逮捕した。

 村木容疑者は「全く関与していない」と否認しているという。現在の厚生労働省になってから、同省の局長が逮捕されるのは初めて。偽証明書発行はキャリア官僚も絡んだ組織的犯行の疑いが強まった。

 他に再逮捕されたのは、凛の会元会長・倉沢邦夫被告(73)、同会元メンバー・河野克史(こうのただし)容疑者(68)。

 発表によると、村木容疑者は同省障害保健福祉部企画課長だった2004年6月上旬、上村容疑者らと共謀し、活動実態がない凛の会を障害者団体と認める同5月28日付の内容虚偽の証明書を作成。河野容疑者らが同年6月10日頃、東京都内の日本橋郵便局(当時)に証明書を提出し、行使した疑い。上村容疑者は調べに対し、「村木容疑者から国会議員からの依頼案件と言われた。正規の手続きを経ず証明書を発行するよう直接指示された」と供述していることも判明した。

 関係者によると、上村容疑者は指示を受けた当初、村木容疑者に対し、凛の会には障害者団体としての活動実態が乏しく、正規の決裁手順を踏めば証明書を発行できる可能性が低いことを伝えていた。それでも村木容疑者は「(自分自身を含めて)決裁はいらないから」と言って、偽の証明書作りを急がせたとされる。

 通常、同種の証明書を作成する際、数人の担当者の決裁や課長印を保管する総務係長の許可を得て押印しなければならない。しかし上村容疑者は村木容疑者の指示に従い、不正に偽の証明書に課長印を押し、村木容疑者に直接、渡していたとみられる。

 村木容疑者は1978年、旧労働省に入省。同省障害者雇用対策課長や女性政策課長を経て、03年8月〜05年9月に厚労省障害保健福祉部企画課長を務め、08年7月から現職。特捜部は、容疑を裏付けるため15日、埼玉県和光市の村木容疑者の自宅や厚労省の同局長室などを捜索した。

(2009年6月15日15時13分 読売新聞)


で、その国会議員とは誰なの?

ガンガン調べて関わった連中には、
しっかりと処罰を!


挑戦―日本郵政が目指すもの (幻冬舎新書)
幻冬舎
西川 善文

ユーザレビュー:
具体的な内容に欠ける ...
実のない所信表明民営 ...
西川氏の履歴から郵政 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
偽証明書作成、組織的犯行の疑い強まる…厚労省局長逮捕 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる