色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 水不足になるか?

<<   作成日時 : 2009/06/10 09:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

西日本のダム、貯水率じわり低下 渇水の不安も

9日に梅雨入りした九州・山口だが、当分は晴天が続きそうだ。5月の降水量も九州全体で少なく、ダムの貯水率が不足気味の地域もある。福岡県行橋市はすでに渇水対策本部を設置し、市民に節水を呼びかけている。6月下旬になると一転して大雨が降る見込みで、土砂災害などに注意が必要だ。

 日本気象協会の予報によると、九州・山口は、10日は激しい雨が降るが、11日以降6月中旬までは曇りや晴れが続くという。北からの寒気が梅雨前線を南に押し下げているためで、前線は当分北上しないという。このため、梅雨入り早々、空梅雨となる見込みだ。

 5月中の降水量も少なかった。福岡市の降水量は平年比33%、大分市は26%、沖縄県の宮古島は25%だった。

 福岡県内の主要なダム数カ所でも貯水率が減少している。県によると、6月8日現在で油木ダム(同県添田町)の貯水率は20%、南畑ダム(同県那珂川町)は36.1%。油木ダムを主な水源とする同県行橋市は、1日付で渇水対策本部を設置し、例年は6月第3週に行う市内の小中学校のプール開きを当面見合わせることを決めた。広報車2台で市内を巡回したり、チラシを配布したりして、節水を呼びかけているという。

 同協会によると、空梅雨の原因となる寒気が日本の上空に居座るのは3週間ほど。6月下旬には寒気が弱まり、梅雨前線も北上する見通しだ。同協会の松井渉気象予報士は「例年、6月下旬の雨が最も強い。土砂崩れなどの災害の備えを忘れないで」と話す。ただ、前線の北上スピードが速く、あっという間に九州を越えてしまった場合は、水不足も懸念されるという。



24本骨傘 高強度グラスファイバー仕様 【雨宿】 (あまやどり) 直径約105cm ブラック 22815
コンポジット
2009-05-15

ユーザレビュー:
辛い・・やらせのレビ ...
価格暴落の理由を考え ...
ごっついです今日届い ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水不足になるか? 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる