色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊の皆様ご苦労様です。

<<   作成日時 : 2009/06/07 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1日10件以上救助要請、夜間襲撃も…ソマリア沖の指揮官語る

海賊対策でアフリカ・ソマリア沖に展開している海上自衛隊派遣部隊指揮官を務める五島浩司1等海佐は、記者団のインタビューに応じ、海賊の実態について明らかにした。海賊は、海自とともに展開する各国海軍艦船の裏をかくように活動海域や襲撃方法を変えており、部隊もそれに応じて夜間の警戒監視強化など、新たな対策の必要に迫られているという。

 五島1佐は、最近の海賊の活動実態について「(海賊対策の)艦船が増え、活動海域をアデン湾からソマリア東岸や南岸に移している」と解説。「それに対応して艦船を分散配置すると、アデン湾の中の配備数が少なくなり、そこで海賊がまた活動を活発化させる」と“いたちごっこ”ともいえる現状を明らかにした。

 航行船舶からの救助要請も頻繁にあり、「『海賊らしき船に追跡されている』といった通信を1日に10件以上も傍受することがある」と述べた。

 海賊は当初、各国の艦船やヘリコプターを見ると活動を中止していたが、その数が増えるのに応じて、手法が巧妙化。五島1佐は、その実態を「艦船が通り過ぎた後のすきを狙っている」「当初はほとんどなかった夜間の襲撃も起きている」と語った。

 これに対して部隊も夜間にはサーチライトを海面に照射して海賊を“威嚇”するほか、「護衛艦の見張りも、赤外線センサーで小型船をチェックする」など、新たな対策を講じているという。

 そのほか、部隊は通常の警戒活動も行っており、多数の漁船や船舶が航行する海域で海賊や不審船を見分けるため、「ヘリで、漁具を積んでいるか、海賊が(船舶への)乗り込みの際にかけるハシゴがあるかチェックするようにしている」(五島1佐)という。


かなり頻繁に救助要請があるのですね。

ご苦労様です。


[図解]世界の海賊がよくわかる本
PHP研究所
世界博学倶楽部


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊の皆様ご苦労様です。 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる