色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS 力士暴行死、元時津風親方に懲役6年の実刑判決

<<   作成日時 : 2009/05/30 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

力士暴行死、元時津風親方に懲役6年の実刑判決

 大相撲・時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)が暴行を受けて死亡した力士暴行死事件で、傷害致死罪に問われた同部屋元親方、山本順一被告(59)の判決が29日、名古屋地裁であった。

 芦沢政治裁判長は、懲役6年(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。

 検察側は「兄弟子に暴行を命じたことは明白で、ぶつかりげいこは制裁目的だった」と主張したが、弁護側は「暴行の指示はしておらず、兄弟子との共謀は成立しない。ぶつかりげいこは制裁目的ではない」と反論し、親方としての監督責任を怠った業務上過失致死罪などの適用が妥当だとして、執行猶予付きの判決を求めていた。

 公判には、同部屋の現役力士と元力士が証人として出廷し、「教えてやれと言われたのは、暴行の指示だと思った」「『ぶつかりげいこ』は罰として行わせた『かわいがり』だと思った」などと、検察側の主張に沿った証言をした。元親方の主張に沿った証言はほとんど出ておらず、同地裁の判断が注目されていた。

 検察側の論告によると、斉藤さんは2007年6月25日夜から、26日午前にかけて愛知県犬山市の宿舎で、山本被告からビール瓶で殴打され、さらにその指示を受けた兄弟子から、けいこ場の柱に縛りつけるなどされたほか、「ぶつかりげいこ」と称して暴行を受け、外傷性ショックで死亡した、としている。

 兄弟子のうち2人は懲役3年、執行猶予5年、1人は懲役2年6月、執行猶予5年の有罪判決が確定している。

(2009年5月29日10時09分 読売新聞)



日本伝統のコアトレがすごい! シコふんじゃおう
ベースボール・マガジン社
元・一ノ矢

ユーザレビュー:
おもしろいし、スゴい ...
この本読み、シコをふ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
力士暴行死、元時津風親方に懲役6年の実刑判決 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる