色々とためしてみました。

アクセスカウンタ

zoom RSS この判決も疑問だ。

<<   作成日時 : 2009/05/29 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

威嚇なしの警官発砲は違法、神奈川県に約1千万賠償命じる

パトカーに乗用車を衝突させるなどして神奈川県警の警察官に発砲され、下半身不随になった横浜市の男性(31)が「発砲の必要性はなかった」として国家賠償法に基づき、県に約8080万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、横浜地裁であった。

 小林正裁判官(鶴岡稔彦裁判官代読)は「発砲前に威嚇射撃を行うべきで、適法な職務執行とは言えない」と述べ、県に約1150万円の賠償を命じた。

 判決によると、2004年8月25日夕、横須賀署の巡査部長らのパトカーが、横須賀市内に停車中の男性に職務質問しようと近付いたところ、男性は車を急発進させて逃走した。路地に追い詰められた男性は、車をパトカーに繰り返しぶつけて脱出を図ったため、巡査部長は約1メートルの距離から男性の右肩を狙って発砲。右脇腹に命中して男性は下半身不随となった。男性は公務執行妨害と覚せい剤取締法違反などの罪で起訴され、07年8月に東京高裁で懲役2年、執行猶予4年が確定した。

 訴訟で県側は、「発砲前に何度も警告しており、やむを得ない措置だった」と主張した。小林裁判官は、男性逮捕の必要性は認めたが、「拳銃で狙えた範囲は、男性の頭や胸などで、発砲には特に慎重であるべきだった。先に威嚇射撃を行う必要があった」と指摘した。

 同県警監察官室は「関係機関と協議して今後の対応を決める」とコメントした。


>「発砲の必要性はなかった」
はぁ〜?
パトカーに乗用車を衝突させるとか危険行為をしておきながら
そんな事をよく言えるものだな・・・

このまま逃がしたら、たくさんの人の身に危険が及んだかもしれません。
警察官の行動は問題なかったでしょ。



裁判と社会―司法の「常識」再考 (日本の“現代”)
NTT出版
ダニエル・H. フット

ユーザレビュー:
意外と似ている全体の ...
規範・政策形成に意欲 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この判決も疑問だ。 色々とためしてみました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる